韓国コスメ

3ceはリップ&クリームの他どれを買うべき?日本で1番安い通販は?

更新日:

3CEはリップが超優秀なので、実は第一優先で買うべきだよ♡

3CEのリップバームの口コミ

保湿力、発色、持続性抜群!!
ティントの上から塗っても、そのまま塗ってもムラなくなれます!
また塗る回数を重ねることで色の濃さも自由自在!
買ってよかったと思える商品でした(o^^o)
私は友達に紹介されて、「Say it」というカラーを購入したのですが、思っていた通りの発色!
また形が三角形なので、はじめは「塗りにくそうだな」と思っていたんです。
ですが、むしろ三角形の方が唇の形に合って塗りやすかったんです♪
この3CEのリップバームを使うようになってからは、普通の形のリップの方が塗りにくいと感じるようになりました…。
そして、リップクリームを塗っているような保湿性!
しあじのりっぷを塗った上からリップバームを塗ると、逆にしっとりしすぎてしまうので、私はリップバーム単体で使っていました!
二本買わなくてよいと考えるとお得です!
もし、いい色の赤リップをお探しでしたら3CEのリップバーム「Say it」をオススメします♪

 

3CEのリップと日本のリップとの比較

ケイトの赤リップは3CEよりもモチが悪かった

私は3CEのリップバームを使うまで、KATEの赤リップを使っていました。
しかし、すぐに色が落ちてしまって何度も塗り直しが必要な上、唇が乾燥して荒れてしまいました…。
個人差はあるかと思いますが、私は唇が弱いほうなので、大抵の製品は唇が荒れてしまうんです( ; ; )
普段のリップクリームはがっつり薬用のものを使っていました…。
そんな私の唇でも、直に塗っても唇が荒れなかったということは、抜群の保湿力!
もし、唇が荒れるから色をつけられない、とお悩みの方がいらっしゃいましたら、こちらの商品を使ってみてほしいと思います♪

キャンメイクのリップは色ムラがスゴイ。。。

他にも、canmakeの赤リップを使っていたのですが、これは塗るときにすごく色ムラになって、その分消費量も早かったです…。
1日に数時間しかつけない!という方でしたら、canmakeのほうがコスパはいいです!
保湿力、伸び、発色、塗りやすさなどを重視されるのでしたら、3CEのリップバームがおすすめです♪

3CEのホワイトクリームはとにかく顔を白くしたいコ向け!

3CE ホワイトクリームの口コミ

ウユクリームとして知られている3CEのホワイトクリームですが、私が購入する前に調べてみると、お肌に全くあわなくてベタつくだけ!という方もいらっしゃるらしくて、「せっかく買ったのにあわなかったらどうしよう…」と不安に思いながらも購入しました。
幸い私の肌には合ったようで、いい感じにしっとりしました♪
こちらの商品、塗ると肌のトーンが明るくなるのですが、舞妓さんみたいに真っ白!になるわけではなく、自分の元の肌の色に、ハイライトをプラスする、という感じでした♪
ですが、クリームとしてはニベアの青缶の少し柔らかいくらいのかたさですので、あまり伸びはよろしくありませんでした…。
それ故に、塗っている途中で肌にすりこまれてしまって、部分的に白くなってしまうことが多々ありました…!
ですので、下に化粧水や日焼け止めなど、クリームの伸びが良くなるものを先に塗ってから、ホワイトクリームを塗ると、均一に伸びて自然な感じに肌のトーンが明るくなります♪

ホワイトクリーム自体を初めて使ったので、他の肌が白くなる製品と比較すると、まずはコンシーラー。
こちらはクマが消せたり、凹凸がなくなるのに対し、ホワイトクリームではクマや凹凸が消せるほどのパワーはありません…
もしシミ消しやクマ消しをしたいとお思いでしたらコンシーラーを使用されると良いと思います♪
次はファンデーション。
自分の肌より明るい色を使うと美白効果がありますよね!
ですがやはり肌特有のベージュの色を重ねるため、韓国コスメ特有の肌を白に近づける効果はないんです…。
しかもファンデーションは粉物ですので、擦ったり風で徐々にとれていってしまうんですね…。
ですが、ホワイトクリームでしたら、その名の通り「クリーム」ですので、ごしごし強く擦ったりしない限り、風で落ちることもないんです!
しかも水で濡れても多少では落ちません!
粉物でしたら水に濡れてしまったら、止める間も無く崩れてしまいます…
ホワイトクリームでしたら、少し水がついてしまった程度でしたら擦らずに水分だけを吸い取ると、大きな崩れなく済ますことができます♪

3CEのリキッドファンデーションの口コミ

リキッドファンデーションを使ったのだが、とても伸びが良いのでかなり長持ちしています!半年前に韓国に行った時に買ったもので、毎日のようにパウダーファンデーションの下になっているにもかかわらず、まだまだ残っています。香りは独特で少しきつめですが、不快になる香りではないので許せる範囲内です。ただ、マット感が強いので、肌が乾燥している時に使うと肌がひび割れたような見た目になってしまうので使えません。そこがとても残念です。
リップスティックも一緒に購入しました。なめらかで発色もとてもよく、また長時間つけていても全然取れないので、コスパはかなり良いと思います!そろそろ無くなりそうですが、リップも毎日塗っても半年以上使えてます。日本ではオンラインストアで買うことができるみたいなので、同じ色を買おうか迷っています。
アイシャドウも購入しました。豊富なカラーでどれを選ぶかとても迷いましたが、店員さんのおススメで、オレンジ系のカラーのアイシャドウを選びました。韓国に行ったのが9月で、日本に帰るとちょうど秋メイクの季節で、オレンジ系のアイシャドウは本当に使えました!次はブラウンがメインのアイシャドウが欲しいと考えています。

韓国のコスメは、日本のプチプラのコスメに比べるととても安くて質が良くて優秀だと思います!アイシャドウやリップスティックは日本にはないほどのかなり豊富なカラーや仕上がりの質感のバリエーションがありのがとても魅力です。けれど、ファンデーションなどは日本の資生堂のマキアージュなどのコスメブランドの商品のほうが優れていると思います。マキアージュやコフレドールなどといった日本のブランドは、日本人の肌のことをよく研究されて作られているだけあるので、カバー力や仕上がりの質感などが韓国のコスメに比べて断然良いです!特に、マキアージュの質感チェンジ化粧下地ピンクベースなどは3CEのリキッドファンデーションより良いと感じました。マキアージュの化粧下地は肌がどんな状態でも肌に馴染み、伸ばすほどピンク色になっていくのでとても血色も良くなりつつ肌になじんでいきます。その上にマキアージュのムース生まれのパウダーファンデーションを塗ると、途中で化粧直ししなくても全然崩れません!下地とパウダーはやっぱり同じブランドほうが相性いいです。アイシャドウやリップスティック、アイライナーなど、ポイントでしか使わないアイテムは韓国のコスメの方が選び放題なので良いです。

 

"私は韓国旅行にいったときに
3CEのアイシャドウと口紅を買いました。

アイシャドウはブラウン系のラメタイプで
丸いパレットに三色が縦にならんでいるものです。
ラメが日本のものに比べてとても綺麗で大粒です。
下まぶたならひと塗りでもすごく目立ちます。
アイシャドウ下地塗らなくても、モチがいいです。
良いところは、ラメがすごく綺麗で目立つ!
悪い点は、しっかりつくのでメイク落としが大変。
あとは、私が悪いのもあるけどモロい。
落としたらすぐに割れたので、持ち歩きには適してないです。
メイク治しに持ち歩きたい人にはあまりオススメできないです。
あと、改善すべき点はここにチップいれれば使い心地も良いですね。

口紅は赤を買いました。
その当時は新色とつられて買いました。
こちらは四角のケースです。
見た目が可愛いくて買いました。
このリップはこのまま塗ると口紅がパサパサになります。
下地を塗ってから、
表面だけ薄く筆や指などで塗るぐらいで色づきます。
私は日本製の色づきリップを塗って、
そのあとにこのリップをぬりました。
このリップはあまり色持ちしません。
飲んだり食べたりしたら、取れるので薄くこまめにぬりなおさないとダメです。
塗りすぎると口裂け女みたいに口角につくので気をつけた方がいいです。

"いつもケイトのアイシャドウ使ってますが
このケイトのものにくらべて
こちらの韓国のアイシャドウのほうが
ラメが大粒で好みです。
モチも良くてキラキラ感がたまらなく良いです。
値段はどちらも同じくらいです。
ケイトは5色が小さいパレットですが、中にチップをいれられるところがあるので持ち歩くにはケイトがやはり定着します。
リップはいつもイブサンローランを使ってます。
または、Kiehl'sの色づきリップです。
やはり、使い慣れていることもあり、
このイブサンローランが色持ちも良いです。
イブサンローランは香りも少しあり、塗ったときにテンションがあがります。
ベタベタせず、色持ちも良いです。

3CEは無香料ですが、ハッキリとした色づきなので
気分によってこちらをつかうときもあります。
こちらを使う場合はあまり、付けすぎないのがオススメです。
また、Kiehl'sに比べると少しうる艶感がないです。
艶がないので、塗ってからグロスを塗るのをオススメです。
けっこうマットになるので、グロスはラメタイプをつかうと綺麗に仕上がります。
塗るときはひと塗りして、指でのばすといいです。
個人てきには、イブサンローランが1番塗りやすく色持ちもよかったです。"

 

-韓国コスメ

Copyright© 韓国オルチャン , 2018 All Rights Reserved.