韓国旅行

韓国の旧正月と秋夕(チュソク)って何?どんな事をするの?

投稿日:

韓国には昔ながらの風習がまだまだ残っているといいますよね。
その中でもよく耳にするのが『旧正月』と『秋夕』です。
旧正月は日本でも耳することがあるので何となく想像はつくものの、秋夕って日本人にとっては耳慣れない言葉。
でも、韓国アイドルのブログなどを見てると、よく出てきますよねぇ。
休みなのはわかるけど、いったい何なの〜?って思ってる方も多いはず。
そこで、疑問の多いこの2つについて調べてみましたよ。

韓国の旧正月とは?

旧暦のお正月のことで、韓国では『설날(ソルラル)』と言われています。

現在では太陽暦というものを用いて暦が作られています。
ですが以前は太陽太陰暦というもので暦が作られていて、それを旧暦と言います。
日本でもニュースなどでたまに見聞きすることがあると思います。
地域によっては行事を旧暦で行なうこともありますよね。
しかし特別に、祝日などにはなっていない為、日本人には馴染みが薄いと思います。

韓国では旧暦の大晦日から1月1日,2日の、3日間が休日となります。
毎年日付が変動する為、この日がお休み!と明確には言えませんが、だいたい2月中旬辺りが旧正月にあたります。
韓国では大型連休が多くないため、日曜日と連なると4連休となり、遠出をしたり帰省をしたりとゆっくりする国民も多いんだとか。

日本での正月と同じように、帰省したり特別な挨拶を交わしたり、 子どもたちにお年玉が与えられたりもするそうですよ。
韓服を着てお祝いするお家も多いようで、食事も日本でいうお節料理みたいに豪華になり、お供えされるそうです。
特別な行事やお祝い事の正式な挨拶として用いられる「クンジョル」という、頭を床につけてお辞儀をする挨拶をするそう。
この挨拶は、韓国のドラマ(特に歴史物)に出てきそう。
昔からの伝統的な挨拶なので、きっと出てくると思います。
韓国でも日本同様、お嫁さんはお正月準備をしなくてはならないみたいで、とっても忙しいそう。
掃除や料理が主なようですが、男性人はテレビを見たりゲームをしたりして寛ぐそうです。
この点は韓国でも日本でも同じなんですね(笑)

料理はキムチ,ジョン(チヂミ),チャプチェ,ナムルなど沢山の品々がお祝い料理として作られるそうですよ。
韓国のお餅「トック」が出てくることが多く、この時期のカフェなどではお祝いにと無料で振舞われたりすることも。

街中では、スーパーや百貨店,市場などショッピングスポットが軒並みお休みになります。
全ての店がというわけではなく、もちろん営業してるお店もありますが、基本的にはお休みのお店が多いんです。
ですので、この時期の韓国旅行は非常にお安い!!
開いている店が少ないため、ショッピングメインの旅行には少し物足りなくなってしまうかもしれません。
しかし、開いている店や各店舗の営業日などを、事前に調べていけば充実したショッピングが出来ると思います。
私も実際に旧正月に行ったことがありますが、街中が特別閑散としているだとかは無かったですよ。
開いているお店ではセールを行なっていたりするので、逆にお徳に買い物が出来たりすることもあるみたいですね。
また、旧正月の連休直前にセールを行なう店もあるようで、この時期のショッピングはお徳に済みそう。

テーマパークなどではお休みになることは少なく、旧正月の催しを行なったりしているよう。
ロッテパークには1度だけ訪れたことがありますが、特別な催しはとっても気になっちゃいます♪

旧正月連休を海外で過ごす韓国の方が旅行前の買い物を楽しんだり、同じく旧正月文化がある中国の方が旧正月に観光で訪れます。
この買い物客が重なる旧正月直前の免税店は、めっちゃくちゃ混雑するそうです。
免税店で買い物をしたことがある方は分かっていることと思いますが、買った物は空港で受け取れるシステムがあります。
手荷物にもならずスムーズに受け取れるかに思えますが、この時期での受け取りは1時間待ちとなることもあるのだとか。
もし、この時期に韓国に訪れて免税店で買い物をするのでしたら、空港での受け取りは余裕を持って行動することをオススメします。

韓国の秋夕(チュソク)とは?

韓国では『 추석(チュソク) 』とか、 한(ハン・大きな)と 가위(カウィ・秋の中心)という意味で『 한 가위(ハンガウィ) 』と言われます。
旧暦8月15日にあたる時期のことで、日本でいうお盆ですね。
当日と前後1日の計3日間が休日となり、こちらも旧正月で説明したとおり、毎年日にちが変動します。
だいたい9月中旬~下旬辺りでしょうか。
今年は日曜日が重なり、4連休(土日休みの場合は5連休)となります。

日本のお盆と同様に、お墓の掃除を済ませたりしてお盆を迎えるようです。
お盆には帰省をする国民が多く、皆でお墓参りをするんだとか。
ですので、帰省ラッシュや買出しでスーパーが激混み!なんて光景も当たり前。
また日本でいう「お中元」があり、お世話になって いる人に贈り物もするんだそうです。
お盆前にはデパートで贈り物を選んでいる人が多くいるそうで、そのせいでも買い物客が多くなるみたいですよ。

旧正月や秋夕などの名節( ミョンジョル、民俗的な祭日)の朝にされる、先祖の霊を迎え入れるための祭礼を『茶礼(チャレ)』と言います。
各家庭で祭壇(日本でいう仏壇)に、「茶礼床(チャレサン)」といわれる20種類を超す料理をお供えし、拝礼などの儀式を行なうそう。
時代によって簡易化されてはいるものの、まだまだ家庭で行なうことも多く、この料理は女性人が頑張って作ります!
旧正月や秋夕には忙しく動く回ることが多いため、直後には無気力状態になったり腰痛になったりする「名節後遺症」なんて言葉も!!
それほど、女性人は大変な仕事っぷりなんですね~
また「松餅(ソンミョン)」という食べ物を作る家庭もあるんだとか。

古来にはお墓参りをしたあと、近所の人たちと様々な民族遊びを楽しんだのだとか。
代表的なものが 「カンガンスルレ」という輪になり手をつないで左右に回りながら歌を歌う民族遊び。
また、お嫁に行くと自分の実家には帰省できる時間がないので、秋夕後に中間地点で少しだけ会い楽しい時間を過ごしたといいます。
これは“半分会う”という意味で「パンボギ」といい、積もり積もった話の半分も出来ずに別れるという意味合いなんだそう。

お店はというと旧正月同様、お休みになるお店が多いです。
またテーマパークも旧正月と同様、営業していて催しを行なっていたりするそうです。

旅行代金は、旧正月と反対に比較的高い時期になります。
日本と同じように四季がある韓国。
9月は過ごしやすい時期になりますので、料金的にはそんなにお徳感はなさそう。
日本でお盆の時期が高くなるのと同様に、韓国のお盆も高くなるのでは。

こうして調べてみると、日本にいると分からない文化なども知れて面白いですよね!
ずっと「秋夕って何だろう??」と思っていた疑問も、解決することができました。
最近では、食文化の移り変わりと同じように、このような文化も変わってきているという話もあります。
帰省をしない若者も増えているようで、そこも日本のお盆やお正月に似ていますね~
現地の文化などを知るいい機会なので、あえてこのような時期を狙って旅行にいってみる、なんてことも楽しそうですね♪

-韓国旅行

Copyright© 韓国オルチャン , 2019 All Rights Reserved.